ホーム > 生活情報 > 梅の里会館 > 福井梅について

福井梅について

ふる里の味 福井梅

梅の里会館現在「福井梅」といわれる梅は、天保年間に三方町伊良積に発祥したと伝えられており、三方郡西田村誌によれば「その昔、伊良積の豪農、助太夫家と平太夫家の庭に埴栽されており、当時これを"助太夫梅""平太夫梅"と称していた。そして現在の"紅サシ"はこの助太夫梅と平太夫梅の混合種であり"剣先"は助太夫梅である」とされています。

また「梅栽培が本格的に定着したのは明治15年前後からとされており、当時伊良積の田辺市太夫氏、今井安左ェ門氏が積極的な普及推進にあたり村内一円にひろげた」としるされています。

梅のもぎとり園

梅のもぎとり園6月15日頃~6月末
※梅の加工品だけでなく6月には青梅も販売いたします。地方発送も承りますので、お申し込みください。

出荷までの工程

出荷までの工程

ページのはじめへ